日本民俗学会第71回年会 茨城

71th Annual meeting of the Folklore Society of Japan

更新情報・お知らせ

2019/05/28
オンラインでの参加・発表申し込みを受け付けております。
2019/05/28
第1回サーキュラーを公開しました。 第1回サーキュラーが会員に郵送されるのは、6月上旬の予定です。
2019/05/28
日本民俗学会第71回年会ホームページを開設しました。


期日・会場

日本民俗学会第71回年会は以下のとおり開催されます。


期日

2019年10月12日(土)・13日(日)

October 12-13, 2019


会場

筑波大学春日キャンパス
University of Tsukuba, Kasuga Campus

会場アクセス(外部サイト)

年会までの日程

オンライン申し込み期限 6月28日(金)23:30
返信用葉書郵送期限 6月28日(金)必着
第2回サーキュラー 7月下旬発送予定(参加等申し込みの方のみ)
参加費等納入期限 8月16日(金)これ以降は当日料金になります。
発表要旨提出期限 8月16日(金)
書籍販売申し込み期限 9月6日(金)書籍販売登録票提出
第3回サーキュラー発送 9月中旬予定(参加等申し込みの方のみ)

サーキュラー

第1回サーキュラー[PDF]

第2回サーキュラー(7月下旬公開予定)

第3回サーキュラー(9月中旬公開予定)


公開シンポジウム


あしもとの歴史を見つめる—語り、書き、あらわす

日時 2019年10月12日(土)13:00~16:00
会場 筑波大学春日キャンパス(茨城県つくば市春日1-2)

主旨説明

 古家信平(筑波大学名誉教授)

パネリスト

 東資子(一関市教育委員会)
 小池淳一(国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学)
 清水満幸(萩博物館)

コメンテーター

 門田岳久(立教大学)
 岸政彦(立命館大学)
 山中弘(筑波大学特任教授・日本宗教学会会長)        (順不同)

プレシンポジウム


かくれ、あらわす—民俗信仰における内面化と顕在化

日時 2019年7月14日(日)13:30~17:00
会場 神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市神奈川区六角橋3−27−1)

主旨説明

 徳丸亜木(筑波大学)「民俗信仰における内面化と顕在化」

報告

 中園成生(平戸市生月町博物館・島の館)「世界遺産「長崎・天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」におけるかくれキリシタンの捉え方と課題」
 吉留徹(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム)「離島における真宗と民俗の変容―角島大橋の開通とその影響から―」
 森田清美(志學館大学)「真宗禁制と民俗信仰」

コメンテーター

 真野俊和(NPO法人頸城野郷土資料室)
 渡部圭一(滋賀県立琵琶湖博物館)


プログラム


10月12日(土曜日)

9:00~ 9:30 理事会
9:45~12:00 評議員会
12:00~ 受付開始
13:00~16:00 公開シンポジウム「あしもとの歴史を見つめる―語り、書き、あらわす」
16:15~17:50 研究奨励賞授賞式・会員総会
18:00~20:00 懇親会

10月13日(日曜日)

9:00~ 受付開始
9:30~12:00 研究発表(午前)
12:00~13:00 昼食
13:00~16:30 研究発表(午後)

発表プログラム

 9月に掲載予定です。

発表要旨

 9月に掲載予定です。

参加・発表申し込み


オンライン参加登録フォーム

オンライン参加登録フォームはこちらです。


参加・発表申し込みについて

  • 参加・発表を希望される方はオンライン申し込みフォームよりお申し込みください。
  • オンラインでのお申し込みは2019年6月28日(金)23:30までに送信してください。
  • 参加・発表の申し込みはオンラインか返信用葉書かのどちらか一方でお願いいたします。できるだけオンラインでの申し込みをお願いいたします。
  • 所属の記載方法についてはサーキュラー末尾の「所属の表記について」をご参照ください。
  • 出張依頼状が必要な方は所定欄にチェックを入れて、宛先を記入してください。
  • 託児室の利用を希望される場合は所定欄にチェックを入れてください。
  • お送りいただいた個人情報については、第 71 回年会に関わる事務においてのみ使用し、別の用途に使用することはありません。
  • 第2回以降のサーキュラーは参加等申し込みをされた方のみにお送りいたします。

  • 参加費

    参加費等は下記のとおりです。

    前払い 当日
    年会参加費 会員(一般) 4,000円 5,000円
    会員(学生) 2,000円 3,000円
    非会員(一般) 5,000円(当日受付のみ)
    非会員(学生) 3,000円(当日受付のみ)
    懇親会参加費 会員(一般) 5,000円 6,000円
    会員(学生) 2,500円 3,000円
    非会員(一般) 6,000円(当日受付のみ)
    非会員(学生) 3,000円(当日受付のみ)
    13日(日)弁当代 700円 - (当日販売なし)

  • 会場最寄り駅周辺には飲食店・コンビニがいくつかありますが、大学内の食堂は土日とも閉店しておりますので、 弁当の事前申し込みか持参をおすすめします。
  • 年会参加費・懇親会参加費・13日弁当代ともに、納入期限は8月16日(金)です。期日にて振込み口座を閉鎖いたしますので、それ以降は年会当日に当日料金でお支払いください(ただし、弁当の当日販売はいたしません)。
  • 一度納入いただいた参加費等はいかなる理由があっても返却いたしません。あしからずご了承ください。
  • 納入方法は、7月下旬に参加等申込者に送付する予定の第2回サーキュラーにてお知らせいたします。

  • 一般発表

  • 発表20分・質疑応答5分・移動5分を1ユニットとします。
  • 一般発表を行う方はオンラインもしくは返信用葉書にてお申し込みください。
  • 発表内容は日本民俗学会および関連する諸学会等において、未発表のものに限ります。重複発表が判明した場合は、参加費の納入の如何にかかわらず、発表をお断りします。
  • 備え付けの機材は PC(Windows)と PC 用プロジェクターです。機材の使用を希望される方はオンライン申し込み画面または返信用葉書の所定欄にチェックをしてください。
  • 発表は日本語でお願いします。

  • グループ発表

  • 統一テーマのもとで4名以上の発表者からなるグループ発表を受け付けます。うち1人をグループ発表の代表者としてください。
  • グループ発表の場合、代表者の方だけでなく、その他の発表者の方も「研究発表申し込み」を行っていただきます。オンラインもしくは返信用葉書にてお申し込みください。
  • グループ発表の時間枠は120分となります。枠内の時間配分は代表者にお任せいたします。
  • グループ発表には適宜、司会を設定していただくことができます。司会の登録は必要ございませんが、プログラムへの記載もいたしません。なお、学会側からの座長の配置はいたしません。
  • グループ発表で使用できる機材は一般発表に準じます。
  • 個人発表とグループ発表、両方での発表はできません。
  • 発表要旨は年会より前(9月)に年会ウェブサイト上にてPDFファイルで公開します。年会終了後も当分の間、掲載を続けます。

  • 発表資格

  • 第71回年会における発表資格条件は、2019年5月末日時点で2019年度の会費を納入済みの会員および名誉会員です。
  • 新入会員については、2019年5月12日開催の理事会で入会を承認されている必要があります。
  • 期限(8月16日(金))までに年会参加費の納入および発表要旨の提出がない場合、発表は自動的にキャンセルとなりますので十分ご注意ください。

  • 託児室の申し込み

    会場には託児室を設置する予定です。会員の方が会場で託児室の利用を希望される場合、年会参加申し込み時にその旨ご連絡ください。具体的な申し込み方法は、第2回サーキュラーにてお知らせいたします。


    書籍販売

     会員および出版社の方が会場で書籍の販売を希望される場合、「書籍販売登録票」にご記入の上、9月6日(金)までに年会事務局宛に申し込んでください。具体的な申し込み方法は第2回サーキュラーにてお知らせいたします。


    問い合わせ先・リンク


    問い合わせ先

    〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
      筑波大学人文社会系 歴史・人類学専攻 気付
      日本民俗学会第71回年会実行委員会事務局

    E-mail: minzokugaku2019tsukuba [at] gmail.com([at]を@に置き換えてください)
    ※返信にお時間をいただくことがあります。


    日本民俗学会トップページ
    Folklore Society of Japan